Monitizer-Aシリーズ販売終了のお知らせ   2016/01/27
これまで長年にわたり販売してまいりましたMonitizer-Aシリーズを、2016年1月末をもちまして販売終了とさせていただきます。
OSであるWindowsのバージョンアップなどについて、今後の対応が困難であることから販売終了を決定いたしました。
ご愛顧を賜りました皆様に厚く御礼申し上げます。
インターネットとWebブラウザで簡単遠隔監視
ブロードバンド・インターネット時代の遠隔モニタリングシステム
Monitizer-A シリーズ (モニタイザ) Ver.3 / Ver.4
MoniTrend Professional Edition
 長期間の測定データをブラウザでグラフ表示

クリックでグラフが表示されます
モニタイザA3筐体写真 モニタイザ4機種の写真

MoniTrend Professional Edition

コンピュータ世代のための測定装置
モニタイザAシリーズは、ユビキタス・コンピュータ世代の方々のために作られた測定デバイスとソフトウエア・システムで構成されます。サーバー管理者、エンジニア、研究者、プログラマに使いやすい構成です。
室内環境の測定
各種ユニットは、室内環境のトータルな把握にご利用頂けます。
測定対象により5種類のモデルから選択して頂けます。
二酸化炭素濃度測定 Monitizer-A5/Monitizer-A61
空気質測定 Monitizer-A4
気圧(絶対圧)測定 Monitizer-A3/Monitizer-A4
温度・湿度測定 Monitizer-A2、全機種
ITインフラを測定システムに
コンセプトは、PC、LAN、インターネットなどのITインフラを測定装置と測定システムにする製品です。
お手持ちのPC自体を測定装置に変えます。
(一旦、測定器にデータを取り貯め、その後でPCに運ぶデータロガーなどの間接型測定装置とは異なります。)
遠隔モニタリングシステムを簡単に実現
Webブラウザ、Eメール、Webサーバなどの標準的なITファンクションで遠隔モニタリングシステムを実現できます。
遠隔地の測定値情報を、お手元のPCやモバイルで、リアルタイムに見ることができます。
USB(ユニバーサル・シリアル・バス)接続のオンラインデバイス
ユニットは、ID管理されているので、USBハブに接続して多点計測システムが容易に構築できます。
バス機構のため、多数のユニットを使ってもRS232C接続のような信号収集機は、不要です。
プラグアンドプレイできます。
電池や電源ケーブルなどは不要です。
トレンド・チャートMoniTrend Lite Edition(MoniTrendCL1、MoniTrendUL1)
現在の測定状況をトレンドグラフとしてWebブラウザで見ることができます。
CPUのパフォーマンスメータのように、時間の経過とともに波形が変化します。
Monitizer-Aユニットを接続したPCだけでなく、LAN上の他のPCからもご覧になれます。
また、インターネット、イントラネット上からもトレンド・チャートを見ることができます。
この場合は、アップロード用のMoniTrend
UL1を使います。
MoniTrendCL1は、ローカル用、MoniTrendUL1は、インターネット用です。
MoniTrendUL1の実際のプログラムは、こちらからお使いただけます。
MoniTrend Lite Editionは、MoniTrendCL1とMoniTrendUL1で構成されます。
MoniTrendCL1は、Ver.3製品に標準で付属します。
MoniTrendUL1は、製品に付帯しませんが、ユーザ登録によりダウンロードしてご利用いただけます。
トレンド・チャートMoniTrend Professional Edition(オプション・ソフトウエア)
MoniTrend Professional Editionは、エンタープライズシステム、基盤ソフトウエアへの組み込みが可能なコンポーネント(部品)です。ユーザ用途に応じた、独自の設定やオーサリングが可能です。現在測定状況はもちろん、履歴ファイルから過去の測定状況もグラフ化して見ることができます。ローカル、LAN、インターネット上で使用することができます。
MoniTrend Professional Editionの実際のプログラムは、こちらからお使いただけます。
長期連続無人測定
電池交換やケーブルの繋ぎ換え、取り溜めた測定データの間接測定装置からの逐次収集作業などの人手を必要としないため、長期間の安定した連続・自動・無人測定が可能です。
PCとネットを直接測定装置の資源として使うため、ファイルやデータ容量などに実用上の制限がありません。
特に、CO2については、測定者の呼気の影響を排除した無人測定ができます。
低コスト
最新のIT機器をプラットホームとして使用できるため、システム性能が高く、機能が豊富な上、低コストです。
プラグコンパチブルな機器、高機能な最新鋭機を交換しながらシステムアップができます。
PCに直接USB接続できるので、RS232Cのような変換ボードなどの余分な初期費用を必要としません。
レガシーインターフェイスを多用した専用遠隔監視システムのような専門の保守要員を必要としません。
電池などの消耗品がなく、保守コストがほとんどかかりません。
測定値はリアルタイムにPC上のプログラムに読み込めるため、プログラム開発が簡単で低コストです。
メータコンテンツは簡単にHTML編集できるため、お客様自身で独自の集中監視盤を低コストで作れます。
LAN対応のバンドルセット
Monitizer-AユニットをPCからは離れた所に設置する場合に、LANインフラが使えるセットです。
USBデバイスサーバにより、Monitizer-AユニットをLAN、無線LANに接続して使用できます。
USBとLANの便利さを兼ね合わせたセットです。(いろいろな接続)
理科教材
Monitizer-A5は、リーズナブルなコストで二酸化炭素の連続測定を行なえる装置です。
業務用DLL(オプション・ソフトウエア)
Monitizer-Aユニットを業務用システムに組み込むことができます。
温度、湿度、気圧、CO2、空気質の測定値を読み出すAPIをDLLで提供することができます。
Visual C++、Visual Basicでのプログラミングが可能です。
開発の参考用にわかりやすいサンプルプログラムが付属します。
詳細は、お問い合わせください。

Monitizerは、株式会社コムエイドの登録商標です。
Copyright © 2005-2011 Comaide Corporation