Monitizer-A シリーズ Ver.3 ソフトウエアの主な機能
遠隔モニタリングを実現する豊富な機能
・トレンドチャート  刻々と変化する現在測定状況の変化をトレンドチャートで表示します(Ver.3 新機能)
・アップロード  測定値は、WWWサーバにFTP転送でアップロード
・定時Eメール  測定値情報を、定期的にメールで送信
・警告Eメール  警告値を自由に設定。測定値が警告値を超える場合に、携帯電話などに警告メールを送信
・履歴ファイル  測定データは、CSV形式の履歴ファイルに保存
 履歴ファイルは、指定された時間間隔で、分割保存可能
・警告サウンド  PCのスピーカから警告音を出すことができます
・付加情報の添付  アップロードとメールには、ファイルの添付が可能
 これにより測定時の映像なども見れます
ご注意:
Webサーバーへのアップロード機能は、Webサーバー側機能によっては、実現できない場合があります。
Eメール機能については、MAPIに対応している必要があります。
回線は、ブロードバンドが望ましいです。ナローバンド、低速回線では、機能が実現できない場合があります。

アップロード、Eメール機能は、インターネットに常時接続されている必要があります。
これらの機能は、Ver.2の機能です。Ver.1ソフトウエアでは、使用できません。
遠隔モニタリングシステムができます
◇ Monitizer(モニタイザ)は、一般に普及しているPCとインターネット・インフラを使って、低コストで実現できる
遠隔モニタリングシステムです。
◇ 室内環境の状態(温度、湿度、気圧、空気質)を、Webブラウザでモニタリングすることが可能です。
◇ Webブラウザ表示には、複数の計器イメージ(HTMLコンテンツ)が用意されています。
◇ PCがLANに接続されている場合は、相互に状態をモニタリングすることが可能です。
◇ インターネットに常時接続したPCでは、Monitizerは、計測値をホームページに一定の時間間隔で自動的にアップロードすることができます。
◇ ホームページへのアップロードの際に、他のファイルを添付することができます。このことにより、Monitizerを設置した計測地点における画像、音声などの情報を計測値と同期させて、ホームページにアップロードすることが可能になります。
◇ あらかじめ設定した定期的な時間間隔で測定値を送信する機能があります。(定時Eメール)
◇ 携帯電話に測定値のEメールを受信することで、Monitizer設置場所の状況が外出先からでも容易に分ります。
◇ Monitizerがホームページにアップロードする測定値ファイルは、Webブラウザで表示できるので、インターネット環境にある世界中のコンピュータから計測値のメーター表示をリアルタイムに見ることが可能になりなります。(サーバーや回線の状況により遅れが出ることがあります)
USB2.0の便利な機能が使えます。
◇ Monitizer(モニタイザ)は、センサー装置部分をPCにUSBケーブルで接続して使用します。外部電源は不要です。
◇ PCの電源を切らずに装置の取り付け、取り外し(プラグ&プレイ)ができます。
◇ USBハブを介して1台のPCに複数台のMonitizerを接続することができます。
◇ 室内の別々の場所にMonitizerを設置することによって、室内の温度、湿度の場所による違いや変化の状態を容易に計測することができます。
警告システムができます。
◇ 温度、湿度、気圧、空気質のそれぞれの値について、最低、最高の任意の警告値を設定することができます。
◇ 警告値が設定されている場合には、測定値が警告値を超える(下限値以下、あるいは上限値以上)と警告サウンドを鳴らすことができます。
◇ 測定値があらかじめ設定した警告値を超えた場合(下限値以下あるいは、上限値以上)、メールを送信する機能があります。(警告Eメール)
◇ メールの送信に際して履歴データファイルや別のファイルを添付して送信することができます。警告メールに添付すれば、警告値を超えた時点の画像などの、計測値に同期した情報を同時に送信できます。
データロガーができます。
◇ インターネットやネットワークに繋がっていない単独のPCにMonitizerを接続すると、PCをデータロガーとすることができます。
◇ 測定値ログデータをファイル保存する機能のみを使用し、他の豊富な機能を使わない場合です。
◇ ノートPCにMonitizer-A2を1ユニットのみ接続した場合は、ノートPCがハンディタイプの2チャンネル・モバイル・データロガーになります。
◇ 測定値ログデータは、PCのディスクに直接ファイルとして書き込まれるので、ディスク容量がある限り何百万データでも連続して蓄積できます。
◇ 従来のロガーのような、電池交換や手作業でのデータの取り込みなどが不要です。電池切れや、メモリオーバーを気にする必要がありません。
◇ 1台のPCにMonitizer-A2を10ユニット接続すると20チャネルのマルチチャネルデータロガーを作ることができます。
◇ Monitizer-Aアーキテクチャが実現するシステムの大部分の機能を使わずに、1ユニットで使用するとき、従来のデータロガーのように見えます。
カレントトレンドチャート表示プログラムが付いています。(Ver.3 新機能)
◇ トレンドチャート表示プログラムは、Webブラウザで表示できるので、LAN上のPCからリアルタイムな状況を相対的な変化として容易に把握できます。
◇ 円形メータ/数値表示、日本語/英語、ダイナミック目盛/フィックス目盛の選択などをプルダウンメニューで瞬時に行なえます。
◇ 測定値やシステムに関する警告をダイアログとサウンドで知らせます。
◇ カレントトレンドチャートの表示は、履歴データの取得の有無とは無関係にカレント(現在値)データにより行なわれます。

◇ Javaアプレットで作られているので、LAN上の複数のPCからWebブラウザでリアルタイムに監視できます。
◇ HTMLを編集する知識があれば、動画画像などのコンテンツが混在したWeb監視端末を自作(インテグレート)していただけます。
ヒストリーグラフ表示プログラムが付いています。
◇ グラフ表示プログラムは、月、週、日などの時間軸の長さや、表示対象(温度、湿度など)の帯域をインタラクティブに変更しながら表示できます。このため、変化の把握が容易です。
◇ また、グラフ表示プログラムは、グラフ表示領域の寸法、色、フォントなど多数の項目がユーザ設定可能になっているので、各人独自の表現形式のグラフを作ることができます。
◇ 表示しているグラフをそのままビットマップファイルに保存することができます。(Ver.3 新機能)
Monitizer-A2
Monitizer-A2は、温度と湿度のセンサーを持つシンプルな遠隔モニタリングシステムです。
サーバールーム、マシンルーム、薬品庫、倉庫、ペットショップなどの遠隔モニタリングに最適です。
必要に応じて増設、移設が簡単にできます。
Monitizer-A3
Monitizer-A3は、温度と湿度、気圧のセンサーを持つ遠隔モニタリングシステムです。
気圧の連続測定が必要な気象、産業、教育分野などで使用できます。
Monitizer-A4
Monitizer-A4は、温度、湿度、気圧、空気質の4つのセンサーを持つ遠隔モニタリングシステムです。
空気質センサーは、タバコ臭や調理臭などの還元性の臭いを計測できます。計測値は、個別のセンサーごとに相対値として数値表現されます。例えばMonitizer-A4を設置した場所での空気のきれいな状態の数値を[1.0]としたとき、汚れてきた状態の数値は[0.8]などというように表示され、相対的な変化を視覚的に捉えることができます。
空気質の変化は、グラフ表示機能により時間軸の中でグローバルに捉えることができます。
グラフ表示プログラムは、月、週、日などの時間軸をインタラクティブに変更しながら表示できます。このため、還元性の臭いの変化を容易に把握できます。

ご注意:
センサー中にヒータを使用しているので、可燃性ガスの雰囲気中では使用できません。
二酸化炭素、一酸化炭素、花粉、ダストなどについては測定できません。
例えば、濃度ppm、温度℃などのような絶対的な数値表現を行うものではありません。

数値は、センサー個体の固有値です。複数のセンサーについて、同一定数による関数表現を行うものではありません。
Monitizer-A5
Monitizer-A5は、温度と湿度、CO2のセンサーを持つ二酸化炭素の測定が可能な簡易IAQ遠隔モニタリングシステムです。
低価格の固体電解質CO2センサを使用しており、大気中のCO2濃度を基準に相対的な濃度変化を測定します。
学校、オフィス、病院、イベント会場、高気密な建築物の換気の評価や遠隔モニタリングに最適です。
理科教材として植物CO2吸収実験などが行なえます。お手持ちのPCと手近な鉢植え植物があれば、Monitizer-A5と別売りの「植物CO2実験チャンバーセット」で簡単に実験システムが作れます。
◇ 農場など二酸化炭素の計測が必要な場所では、防水ケースとLAN対応のバンドルセットを組み合わせてご使用頂けます。

ご注意:
センサー中にヒータを使用しているので、可燃性ガスの雰囲気中では使用できません。
Monitizer-A61
Monitizer-A61は、温度と湿度、CO2のセンサーを持つ二酸化炭素の測定が可能な高性能なIAQ遠隔モニタリングシステムです。
NDIR方式CO2センサを使用しており、CO2濃度の絶対値を測定できます。
Monitizer-A6をプライスダウンした後継機です。
学校、オフィス、病院、イベント会場、高気密な建築物の換気の評価や遠隔モニタリングに最適です。
更に、農場、産業用など様々な用途に使用できます。
校正
◇ Monitizer-Aシリーズの校正を承っております。
メールにてお問い合わせください。
LAN対応
◇ PCとMonitizerが遠く離れていても大丈夫です。
◇ LAN対応と無線LAN対応のバンドルセットで解決できます。
◇ USBとLANの双方の便利さを享受できるシステム構成を構築できます。いろいろな接続形態
をご参照ください。
特注ユニット
◇ Monitizer-Aシリーズに他のセンサーデバイスを取り付けた特注ユニットを作成できます。
メールにてお問い合わせください。
業務用DLL
◇ システムインテグレート機器の1つとして、Monitizerをご使用いただく場合には、業務用DLLをご利用頂けます。
◇ 業務用DLLは、ライセンス契約が必要です。
メールにて、お問い合わせください。
MoniTrend Professional版
◇ サーバとブラウザで測定データを総合的に管理される方のためにモニトレンド・プロフェッショナル版を用意しております。
◇ 現在測定状況も過去の測定データもネット上からWebブラウザで表示できます。
◇ e-shopのページよりお求めください。
バージョンアップ版
◇ Ver.1、Ver.2ご使用のお客様には、Ver.3へのバージョンアップ版を用意しております。
◇ e-shopのページよりお求めください。
Ver.3ソフトウエアの特長もご参照ください。
Comaide Home Pageへ:
Copyright © 2005-2007 Comaide Corporation